Kokoronohatake by Mindfulness Project

©️2018 All Copyrights are reserved by Kokoronohatake MindfulnessProject

コロナ対策にはニームとアガリクス・ブラゼイ

最終更新: 3月6日


新型コロナの検査「来週にも保険適用」 厚労相


イベント中止・出社禁止 新型コロナ、首相が自粛要請


いよいよコロナへの警戒レベルが上がってきた。


オリンピック開催のために是が非でも感染の拡大を最小限に留め、海外に対して安心感を醸成したいのが政府の本音だろう。


これでテレワークスや時間差通勤などが見直されれば、不幸中の幸いだ。


酵素療法のセラピストとして、コロナ対策にお勧めしたい予防方法は、ニーム、アガリクス・ブラゼイの摂取と免疫機能を高めるファスティングだ。


以下は、根路銘(ねろめ)国昭氏のコメントを抜粋。(元・国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)、呼吸器系ウイルス研究室長、現在は生物資源研究所(沖縄県名護市)所長)



センダンはインドでは薬用植物「ニーム」としてよく知られている植物ですが、沖縄には多く自生しています。


センダンは、外殻(エンベロープ)を持つウイルスが健康な細胞に吸着する時に働くHA(ヘマルグリチニン)と、細胞内で増殖したウイルスが殻の外に出て離脱すると時に働くNA(ノイラミニダーゼ)という両方のタンパク質を切断する機能があることを解明できました。


そのため、同じ外殻を持ち、HAやNAを持つSARSウイルスやコロナウイルスの消毒液としても利用できるのでは、と考えています。


https://gendai.ismedia.jp/articles/-/70375?page=4



         (フィリピンマニラで見つけたニームの木 2018年1月)


以下に、ニームとアガリクス・ブラゼイの内容をシェアしておきます。


ニーム

インド原産の常緑樹。樹皮、実、葉全てに何かしらかの薬効があり、一般家庭の常備薬。ニームの木全体には、ニンビンやゲデュエンをはじめとする、いくつもの抗菌成分を含んでおり、免疫機能の調整、炎症や痛みを抑え、熱を冷ます、殺菌、消毒効果がある。アーユルヴェーダでは、葉っぱの汁と塩を混ぜたものがぎょう虫の治療薬として、熟した果実を煎じたものが利尿薬として、歯磨きの代わりにニームの小枝を噛む習慣がある。虫除けの効果が高い。「アザディラクチン」は、種に多く含まれており、虫の成長ホルモンの働きを阻害し、200以上の虫を寄せ付けない効果がある。昆虫が食べ物を食べられなくなってしまう「メリアントリオール」や「サラニン」も含んでいる。葉にはケルセチンやイソメルデニン、ニムビンといった成分が含まれ、皮にはタンニンが含まれており、殺菌作用や下痢の予防・改善効果がある。


アガリクスブラゼイ

和名「ヒメマツタケ」見た目はマッシュルームに似ている。原産地はブラジル。「幻のキノコ」や「神のキノコ」とも呼ばれる。日本へも移入され、人工栽培が始まり、生食や加工等に利用される。β―グルカンという成分が様々な病気に対する免疫力をアップし、抗癌効果や生活習慣病の予防に高い効果がある。レーガン大統領も癌細胞に侵された際にアガリクスを継続的に服用したと言われている。免疫力を高める効果があるアガリクスは、癌に対してだけではなく、風邪予防、アトピー予防と改善、花粉症対策、高血圧、便秘や水虫など多くの効果が期待できる。β-グルカンには、免疫力が低下している場合には免疫力があるヘルパーT細胞を活性化させ、逆に免疫効果が過剰になっている場合にはサプレッサーT細胞を活性化させ、正常な状態へと戻す効果がある。ヒスタミンを抑制する働きがアガリクスにはあり、免疫反応が敏感に現れるアレルギーに対しては非常に有効に作用する。糖尿病の治療効果もある。食物繊維であったり、不飽和脂肪酸が含まれ、コレステロールを低下させ高血圧や動脈硬化予防として優れている。β-グルカンやヘテログルカンがサイトカインを分泌し、インターフェロンを活性化させ、肝臓の細胞を壊すことなく、ウイルスに攻撃することで肝炎の予防になる。


ファスティング

免疫細胞の7割は腸内環境に棲息している。胃腸器官を休めることで、免疫機能の改善を図る。ファスティングには、様々な期間がある。夜ご飯を抜いて、16時間ほど休ませるインターミッテント、3食抜く1day、3日ほど水のみで過ごす、果物はOKにする、ご自身の体調に合わせて、食事を控える。未経験者は短期間のものから始めるのがオススメ。ファスティングで大事なのは、回復食。ファステイング後に何を食べるかがファスティングの成否を決める。せっかく食事を断ったのに、ファスティング後に焼肉や脂っこいものを食べてしまっては、胃腸器官に必要以上に負担をかけ逆に不健康である。回復食の次に大事なのが準備色。ファスティング前は軽めの食事にし、出来れば小麦、スイーツ、脂っこいものは控える。3日以上のファスティングに関しては、専門家に相談して実行することをお勧めする。ファスティング中には、好転反応を含め様々な反応が現れるので、対応方法を確認することが大事である。


参考までに先日30時間ほどファスティングをした時の回復食を紹介しておく。








(回復食1)テンペ、菜の花、島らっきょう、新玉ねぎ、しょうが。





(回復食2)お豆腐 しょうが 塩麹 オリーブオイル




(回復食3)ひよこ豆 レタス かぶ 人参 ねぎ 塩麹 ごま油











149回の閲覧