マインドフルネスを継続していくことで、
ストレス軽減や免疫力、集中力の向上、
アンチエイジングの可能性などが
科学的に検証されてきています。

そして、様々な気づきによって、
より良き選択や意思決定を行うことが
可能となります。

今この瞬間を生きていますか?

私たちは、過去でもなく、未来でもなく、
今、この瞬間に生きています。

心の中では、様々な呟きや囁きがあります。
そうすると、体はここにあるけど、
心はここにあらずの状態になっているかもしれません。

マインドフルネスで、今を生きましょう〜(^o^)

どこでもドアを探しませんか?

心の中のどこでもドアを通して、
今この瞬間にアクセスし、
自分の内なる声に耳を傾けましょう〜。

オーガニックな幸福感

心のチューニングをして、
穏やかで明瞭な心を作っていきましょう〜。

内から湧き幸福感が沸き起こってきますよ〜。
Happiness!

Please reload

【Dr.Matt マインドフルメッセージ】

ドクターズドクターで、
予防医学のオーソリティ
Dr.Mattがマインドフルネスの
重要性を語ってます(^o^)/

あなたもマインドフルネスの実践で、
ビジネスパフォーマンスを上げていきませんか。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

初めて、みのるに会った時、何か違うと思いました。

彼の心は正しく、やっていることに対する情熱があり、

今日ではさらにその情熱が増していると感じます。

 

みのるは、日本でトップのマインドフルネスコーチです。

彼は、日本中のリーダーのコーチをしていきます。

 

ビジネスをよりよくする方法だけでなく、

成功する人間関係を構築する方法や

情熱を持った人になる方法

生きがいを持って生きることにフォーカスする方法

について、伝えていきます。

 

 

ビジネスや人間関係のためには、

エグゼクティブや起業家であるためには、

心を鍛えることが最も重要なことです。

 

エグゼクティブや起業家でないとしても

仕事をしている限り、優れた仕事をするために

よりよくなりたいと思うでしょうし、

より集中力を高めたいと思うでしょうし、

より生産的になりたいと思うでしょう。

 

それは、脳から始まります。

EIを鍛え、心を鍛えるには、コーチが必要です。

コーチは極めて重要です。

 

これらのことが見過ごされることがよくあります。

オリンピック選手のエリートにも

コーチがいます。

 

コーチがいなければ、

アスリートは速く泳げないし、

ボールもうまく打てないし、

やりも投げられない。

 

思考にも同じことが言えます。

今はあなたが注意を向けていない

(あなたの可能性を伸ばす)光の当たっていない部分を

教えてくれるためにコーチが必要です。

 

あなたにその存在を示すことができる

みのるのようなコーチがあなたの人生に現れなければ、

その存在すら分からないかもしれません。

 

こういう風に言えるかもしれません。

私が教える時、

マインドフルネスコーチングなしで、できるでしょうか。

EQを使わないでできるでしょうか。

(マインドフルネスやEQがなければできないでしょう)

 

(マインドフルネスやEQを使えば)

物事を実行することができ、

人生を戦略的に組み立てることができます。

 

後ろの素晴らしい景色を見てください。

 

これもマインドフルネスです。

あなたが知覚することが、

あなたがあなたの人生で生み出すことなのです。

 

そういうわけで、みのるのようなコーチを身の回りに置くことが大事です。

 

みのるが(箱根で)経験している

素晴らしい経験(予防医学の研修)は、

あなたの心を鍛える上で、

あなたを助けてくれるでしょう。

 

(みのるのコーチングで)

あなたは集中を高め、生産性を高め、

超人的な起業家になるでしょう。

 

みのるについて、十分には伝えられていません。

彼は彼がやっていることのエキスパートです。

 

彼がやってることをよく見てください。

あなたにやりたいことがあるなら、

彼がこの分野のベストコーチです。

 

波長があっていて、私たちが話してることに耳を傾けてくれることを望みます。

(マインドフルネスに取り組むことは)

あなたの世界を変えることにつながり、ひいては日本を変えることになる重要なことです。

 

これから彼がやることをもっと見ていきたいと思います。

2017年9月17日 予防医学研修 箱根合宿にて

Kokoronohatake by Mindfulness Project

©️2018 All Copyrights are reserved by Kokoronohatake MindfulnessProject